FC2ブログ

アルフゾシンXL(塩酸アルフゾシン)10mg


アルフゾシンXL(塩酸アルフゾシン)10mg


アルフゾシンXL(塩酸アルフゾシン)10mg


アルフゾシンXLは前立腺肥大症治療薬です。
前立腺肥大による残尿感・頻尿感・尿意切迫感などの排尿障害症状を改善します。

国内未承認の薬剤ですが、海外では人気が高く世界中で多く使用されております。
アルフゾシンXLは国内で流通している前立腺肥大症治療薬「タムスロシン(商品名ハルナール)」「シロドシン(商品名ユリーフ )」などと同系統の薬剤になります。

アルフゾシンXLは前立腺肥大症治療薬「ウロキサトラ」のジェネリック医薬品であり、インドの大手製薬FDCが製造販売し、世界各国に多く輸出されております。

前立腺肥大症は前立腺が大きくなって尿道が狭くなることで起こる疾患で、排尿後も尿が残っている感覚(残尿感)、トイレが近い(頻尿)、急に排尿したくなる(尿意切迫感)、お腹に力を入れないと出ない(腹圧排尿)、夜中にしょっちゅうトイレに行く(夜間頻尿)などの排尿障害が主な症状です。
加齢が主な原因で、多くの中高年男性が悩まされております。

アルフゾシンXLは前立腺や尿道平滑筋に存在する交感神経の受容体(α1受容体)を遮断することで、尿道を広げて尿の出をスムーズにし、様々な排尿障害を改善することができます。
副作用が比較的少なく、1日1回の服用で作用が持続することも特徴です。

アルフゾシンXL(塩酸アルフゾシン)10mg

スポンサーサイト

ダリロング(ダリフェナシン)7.5mg


ダリロング(ダリフェナシン)7.5mg


ダリロング(ダリフェナシン)7.5mg


ダリロング7.5mgは、過活動膀胱(Overactive bladder;OAB)治療薬です。

過活動膀胱は、社会の高齢化に伴いQOL(生活の質)に影響する疾患です。

過剰な膀胱の収縮により尿意切迫感、頻尿および切迫性尿失禁が起こり、患者自身の生活の質を著しく低下させるだけでなく、その周りの家族や介護者などにまで負担を強いります。

現在の日本では、過活動膀胱は810万人[40歳以上人口の12.4%(8人に1人)]もの患者がいると推定されています。

ダリロング7.5mgは、服用することで過活動膀胱による膀胱の過剰な収縮を抑えることができ、それによって頻尿や尿失禁などの諸症状を改善するために使用することができます。

ダリロング7.5mgは、世界的に有名なジェネリックメーカーであるサン・ファーマ(Sun Pharmaceutical Industries Limited)社によって製造・販売されています。

サン・ファーマ社はインドのムンバイに本社をおく製薬企業で、1983年に設立されました。

日本の有名な製薬企業である第一三共株式会社の子会社でもあり、アメリカやヨーロッパおよびアジアなど世界40ヵ国に高品質な医薬品を数多く輸出しており、2014年にはジェネリック医薬品で世界5位に輝くような企業となっています。

ダリロング7.5mgもそんなサン・ファーマ社が製造する高品質なジェネリック医薬品として、先発品に勝るとも劣らない優れた勃起誘発効果が得られるので人気となっています。

ダリロング(ダリフェナシン)7.5mg

トビエース4mg


トビエース4mg


トビエース4mg


トビエース4mgは、膀胱の過剰な収縮(過活動膀胱)の治療薬です。

急激な尿意や残尿、尿漏れなどの尿トラブルの解決のために使用することができます。

加齢により最近トイレが近くなった、夜に頻繁にトイレに行く、トイレに行ってもスッキリしないなどの悩みがある方におススメです。

1日1回服用するだけで、膀胱の収縮を抑え膀胱の用量を大幅に大きくし、尿を大量に溜めることで治療効果をあらわします。

トビエース4mgは世界的に有名な製薬企業であるファイザー社によって製造・販売されています。

ファイザー社は、アメリカ合衆国ニューヨーク州に本社をおく製薬企業です。

優れた医薬品を数多く世界中の医療機関に提供しているため、2013年には医薬品の売上高世界第1位に輝いています。

トビエース4mgもそんなファイザー社が製造する高品質なお薬の1つで、日本のみならず世界40ヵ国以上で過活動膀胱の治療薬として承認・使用されています。

トビエース4mg




トビエース8mg


トビエース8mg


トビエース8mgは、過活動膀胱(Overactive bladder;OAB)治療薬です。

1日1回服用することで膀胱の過剰な収縮を抑えることができるお薬でき、それによって引き起こされる排尿トラブルを解消します。

加齢により尿の切れが悪い、頻繁にトイレに行きたくなるなどの症状にお悩みの方におススメです。

トビエース8mgは世界的に有名な製薬企業であるPfizer(ファイザー)社によって開発されました。

2007年4月に欧州で、2008年10月に米国で過活動膀胱治療薬として承認されており、2012年には日本でもトビエース8mgは承認されています。

現在では40ヵ国以上の国や地域で承認されており、多くの排尿トラブルに悩む患者の治療のために医療機関で使用されています。

トビエース8mg

トビエース8mg


トビエース8mg


トビエース8mg


トビエース8mgは、過活動膀胱(Overactive bladder;OAB)治療薬です。

1日1回服用することで膀胱の過剰な収縮を抑えることができるお薬でき、それによって引き起こされる排尿トラブルを解消します。

加齢により尿の切れが悪い、頻繁にトイレに行きたくなるなどの症状にお悩みの方におススメです。

トビエース8mgは世界的に有名な製薬企業であるPfizer(ファイザー)社によって開発されました。

2007年4月に欧州で、2008年10月に米国で過活動膀胱治療薬として承認されており、2012年には日本でもトビエース8mgは承認されています。

現在では40ヵ国以上の国や地域で承認されており、多くの排尿トラブルに悩む患者の治療のために医療機関で使用されています。

トビエース8mg




トビエース4mg


トビエース4mg


トビエース4mgは、膀胱の過剰な収縮(過活動膀胱)の治療薬です。

急激な尿意や残尿、尿漏れなどの尿トラブルの解決のために使用することができます。

加齢により最近トイレが近くなった、夜に頻繁にトイレに行く、トイレに行ってもスッキリしないなどの悩みがある方におススメです。

1日1回服用するだけで、膀胱の収縮を抑え膀胱の用量を大幅に大きくし、尿を大量に溜めることで治療効果をあらわします。

トビエース4mgは世界的に有名な製薬企業であるファイザー社によって製造・販売されています。

ファイザー社は、アメリカ合衆国ニューヨーク州に本社をおく製薬企業です。

優れた医薬品を数多く世界中の医療機関に提供しているため、2013年には医薬品の売上高世界第1位に輝いています。

トビエース4mgもそんなファイザー社が製造する高品質なお薬の1つで、日本のみならず世界40ヵ国以上で過活動膀胱の治療薬として承認・使用されています。

トビエース4mg

トルクSR(酒石酸トルテロジン)4mg


トルクSR(酒石酸トルテロジン)4mg


トルクSR(酒石酸トルテロジン)4mg


トルクSR4mgは、過活動膀胱(Overactive bladder;OAB)治療薬です。

服用することで膀胱の過剰な収縮を抑えることができるお薬でき、それによって引き起こされる排尿トラブルを解消します。

加齢により尿の切れが悪い、頻繁にトイレに行きたくなるなどの症状にお悩みの方におススメです。

本剤は徐放性製剤(カプセル剤)なので、過活動膀胱の症状である尿意切迫感、頻尿及び切迫性尿失禁に対し、1日1回服用で優れた改善効果を示すのが特徴です。

膀胱に対して選択的に作用するので、副作用を起こしにくくそれでいながら効果はバツグンです。

急にトイレに行きたくなる尿意切迫感をはじめ、尿の回数が異常に多い頻尿、夜間頻尿、急な尿意のあとの尿漏れなどの尿トラブルをもつ多くの方に愛用されています。

※こちらは製造をInventia Healthcare、販売をDr. Reddyがおこなっている製品でございます。

トルクSR(酒石酸トルテロジン)4mg

最新記事
カテゴリ
検索フォーム