FC2ブログ

バルトレックス500mg(10錠)


バルトレックス500mg(10錠)


バルトレックス500mgは、グラクソ・スミスクライン株式会社により製造・販売されている抗ウィルス薬です。有効成分として、1錠にバラシクロビルを500mg含有しています。有効成分バラシクロビルは、服用することで体内に吸収され、アシクロビルという抗ウィルス活性のある成分に変換されます。

アシクロビルは、ヘルペスウィルスや水痘・帯状疱疹ウィルスに感染した細胞の内部に入り込み、ウィルスのDNAの複製を阻害することでウィルスが増殖するのを抑制します。アシクロビルはウィルスに感染した細胞に対してのみ選択的に作用するので、ウィルスに感染していない細胞には無害なので非常に安全性が高いです。

バルトレックス500mgの治療効果は、ウィルス感染の初期に近ければ近いほど効果的です。帯状疱疹の発症後5日以内、水疱瘡においては2日以内にバルトレックス500mgの服用を開始することが効果的なので推奨されています。

バルトレックス500mgは、主に単純疱疹の治療に使用されています。単純疱疹とは、一般的にヘルペスといわれている疾患です。性器で発症したら性器ヘルペス、口唇で発症したら口唇ヘルペスといわれています。

原因となるヘルペスウィルスは成人の多くの方がすでに感染していますが、多くの場合症状がなく自覚がありません。しかし、風邪やストレス、仕事の疲労によって免疫力が低下したときに水ぶくれや発疹としてヘルペスの症状があらわれます。一度ヘルペスの症状が治っても、また免疫力が落ちてしまったら再発してしまいます。

ヘルペスの初期症状では、違和感やピリピリした感じがするので何度か再発している方は水ぶくれや発疹などの皮膚症状が出る前に気付くことができるようです。このような初期状態のうちにバルトレックス500mgの服用を開始すれば、ヘルペスは比較的治りやすいです。

性器ヘルペスの場合は、免疫力の低下だけでなく性交渉による感染でも発症します。主に若い女性に多く、性交渉をしてから2~11日後に発症することが多いです。

発見が遅れて症状が重くなりがちで、水ぶくれや痛みが激しくなるため排尿による痛みや歩行困難になることがあります。

ヘルペスの症状が確認できたら速やかに治療を開始するようにしてください。

バルトレックス500mg(10錠)
スポンサーサイト



バルトレックス500mg(10錠)


バルトレックス500mg(10錠)


バルトレックス500mgは、グラクソ・スミスクライン株式会社により製造・販売されている抗ウィルス薬です。有効成分として、1錠にバラシクロビルを500mg含有しています。有効成分バラシクロビルは、服用することで体内に吸収され、アシクロビルという抗ウィルス活性のある成分に変換されます。

アシクロビルは、ヘルペスウィルスや水痘・帯状疱疹ウィルスに感染した細胞の内部に入り込み、ウィルスのDNAの複製を阻害することでウィルスが増殖するのを抑制します。アシクロビルはウィルスに感染した細胞に対してのみ選択的に作用するので、ウィルスに感染していない細胞には無害なので非常に安全性が高いです。

バルトレックス500mgの治療効果は、ウィルス感染の初期に近ければ近いほど効果的です。帯状疱疹の発症後5日以内、水疱瘡においては2日以内にバルトレックス500mgの服用を開始することが効果的なので推奨されています。

バルトレックス500mgは、主に単純疱疹の治療に使用されています。単純疱疹とは、一般的にヘルペスといわれている疾患です。性器で発症したら性器ヘルペス、口唇で発症したら口唇ヘルペスといわれています。

原因となるヘルペスウィルスは成人の多くの方がすでに感染していますが、多くの場合症状がなく自覚がありません。しかし、風邪やストレス、仕事の疲労によって免疫力が低下したときに水ぶくれや発疹としてヘルペスの症状があらわれます。一度ヘルペスの症状が治っても、また免疫力が落ちてしまったら再発してしまいます。

ヘルペスの初期症状では、違和感やピリピリした感じがするので何度か再発している方は水ぶくれや発疹などの皮膚症状が出る前に気付くことができるようです。このような初期状態のうちにバルトレックス500mgの服用を開始すれば、ヘルペスは比較的治りやすいです。

性器ヘルペスの場合は、免疫力の低下だけでなく性交渉による感染でも発症します。主に若い女性に多く、性交渉をしてから2~11日後に発症することが多いです。

発見が遅れて症状が重くなりがちで、水ぶくれや痛みが激しくなるため排尿による痛みや歩行困難になることがあります。

ヘルペスの症状が確認できたら速やかに治療を開始するようにしてください。

バルトレックス500mg(10錠)

バルトレックスジェネリック500mg10錠


バルトレックスジェネリック500mg10錠


バルトレックスジェネリックは性器ヘルペスや口唇ヘルペス、帯状疱疹などの治療に用いられる抗ウイルス薬で、バルトレックスのジェネリック医薬品です。

性器ヘルペスや口唇ヘルペスは再発しやすく、抗ウイルス薬の早期服用が治療のカギとなるため、バルトレックスジェネリックを常備しておくのがおすすめです。

バルトレックスジェネリックは単純ヘルペス(1型, 2型)、水痘・帯状疱疹ウイルスに対する抗ウイルス薬です。

有効成分のバラシクロビル塩酸塩は、ヘルペスウイルスDNAの複製を阻害することにより、ウイルスの増殖を抑えます。人間に感染するヘルペスウイルスには種類が8個あり、代表的なものに、単純ヘルペスウイルスが原因の口唇ヘルペス・性器ヘルペス、水痘・帯状疱疹ウイルスが原因の水ぼうそうや帯状疱疹などがあります。

口唇や性器ヘルペスでは、感染した場所に水ぶくれができ、痛痒い状態が続きます。水ぶくれが潰れて出てくる浸出液にはウイルスが含まれているため、接触することで他の人にうつす可能性もあります。

原因となる単純ヘルペスウイルスには1型と2型があり、1型には70~80%、2型には2~10%の日本人が感染していると言われ、とても身近にあるウイルスです。感染しても通常元気な時には症状が現れませんが、体の免疫が低下すると、体の中のヘルペスウイルスが増殖し、水ぶくれ症状を引き起こすのです。

帯状疱疹は昔に感染した水痘・帯状疱疹ウイルス(水ぼうそう)が原因で、体の抵抗力が低下している時に主に体の片側に痛みを伴った赤い発疹や水ぶくれを起こします。治療において、どの疾患にも共通してとても重要なのが、抗ウイルス薬をできるだけ早期に投与することです。

内服治療では昔はアシクロビル(商品名ゾビラックス)というお薬が主流でしたが、作用時間が短く、1日5回も服用しなければならないのが欠点でした。バラシクロビル塩酸塩はアシクロビルの弱点である作用時間を改善し、1日2~3回の服用で済むため、現在ヘルペスの内服治療では主流となっています。

バルトレックスジェネリック500mg10錠

バルトレックスジェネリック500mg10錠


バルトレックスジェネリック500mg10錠


バルトレックスジェネリックは性器ヘルペスや口唇ヘルペス、帯状疱疹などの治療に用いられる抗ウイルス薬で、バルトレックスのジェネリック医薬品です。

性器ヘルペスや口唇ヘルペスは再発しやすく、抗ウイルス薬の早期服用が治療のカギとなるため、バルトレックスジェネリックを常備しておくのがおすすめです。

バルトレックスジェネリックは単純ヘルペス(1型, 2型)、水痘・帯状疱疹ウイルスに対する抗ウイルス薬です。

有効成分のバラシクロビル塩酸塩は、ヘルペスウイルスDNAの複製を阻害することにより、ウイルスの増殖を抑えます。人間に感染するヘルペスウイルスには種類が8個あり、代表的なものに、単純ヘルペスウイルスが原因の口唇ヘルペス・性器ヘルペス、水痘・帯状疱疹ウイルスが原因の水ぼうそうや帯状疱疹などがあります。

口唇や性器ヘルペスでは、感染した場所に水ぶくれができ、痛痒い状態が続きます。水ぶくれが潰れて出てくる浸出液にはウイルスが含まれているため、接触することで他の人にうつす可能性もあります。

原因となる単純ヘルペスウイルスには1型と2型があり、1型には70~80%、2型には2~10%の日本人が感染していると言われ、とても身近にあるウイルスです。感染しても通常元気な時には症状が現れませんが、体の免疫が低下すると、体の中のヘルペスウイルスが増殖し、水ぶくれ症状を引き起こすのです。

帯状疱疹は昔に感染した水痘・帯状疱疹ウイルス(水ぼうそう)が原因で、体の抵抗力が低下している時に主に体の片側に痛みを伴った赤い発疹や水ぶくれを起こします。治療において、どの疾患にも共通してとても重要なのが、抗ウイルス薬をできるだけ早期に投与することです。

内服治療では昔はアシクロビル(商品名ゾビラックス)というお薬が主流でしたが、作用時間が短く、1日5回も服用しなければならないのが欠点でした。バラシクロビル塩酸塩はアシクロビルの弱点である作用時間を改善し、1日2~3回の服用で済むため、現在ヘルペスの内服治療では主流となっています。

バルトレックスジェネリック500mg10錠

ゾビラックスクリーム


ゾビラックスクリーム


ゾビラックスクリームは抗ウイルス薬で、ウイルスの中でも特にヘルペスウイルスに感染した時に効果があると言われています。

ヘルペスウイルスすべてに効果があるわけではなく、単純ヘルペスウイルス�T・�U型、水痘・帯状疱疹ウイルスに効果を発揮してくれます。

その中でも、ゾビラックスクリームは表面に見えるヘルペスにしか効果を発揮してくれません。なので、ゾビラックスクリームが使われる主な疾患は、口唇ヘルペス・陰部ヘルペスの2つになります。

ヘルペスウイルスに感染してしまうと、皮膚や粘膜に水膨れを作るのが主な症状です。口唇ヘルペスは、ストレスが溜まったときや体調が悪い時によくできます。性器ヘルペスは、ヘルペスウイルスに感染している相手とコンドームを使用せずに性交渉してしまうと感染してしまいます。

また、子どもの頃にかかりやすい水疱瘡や帯状疱疹も原因はヘルペスウイルスなので、効果を発揮してくれます。

ヘルペスウイルスが体内の細胞に入り込み症状を引き起こすことを感染と言います。ヘルペスウイルスはDNAの周りを取り囲んでいる状態なので、DNAが新しく作られていくのと一緒に体の中でどんどん増殖していってしまいます。

なので、DNAが作られるのを止めれば、ヘルペスウイルスの増殖も防げるということになります。そこで、その役割を担うのがゾビラックスクリームの有効成分であるアシクロビルです。アシクロビルにはDNAを作るのに必要な酵素であるDNAポリメラーゼといわれる物質を阻害する働きがあります。

結果的に、この酵素を阻害することでDNAが作られるのを防ぎ、ヘルペスウイルスの増殖を止めることで、症状が抑えられます。

ゾビラックスクリームは感染の根本のヘルペスウイルスに働きかけ殺菌するのではなく、体内での感染の広がりを抑える薬です。ゾビラックスクリームを塗ることで症状は治まりますが、ヘルペスウイルスは体の神経節と言われるところに潜伏してしまいます。

日本でも多く見られる感染症なので、感染していても無症状で気付かない方もいれば、症状を何度も繰り返し起こしてしまう方もいます。早期にゾビラックスクリームを塗り始めることで、症状は軽く済むので、症状が出たら早めに使用してください。

ゾビラックスクリーム
最新記事
カテゴリ
検索フォーム