FC2ブログ

テルビナフィン250mg(ラミシール)


テルビナフィン250mg(ラミシール)


真菌はカビの仲間であり、真菌の感染による真菌症は、身体の表面に感染する表在性真菌症と、肺や肝臓などの臓器すなわち身体の深部に感染する深在性真菌症とがあります。
よく見られる代表的な真菌症は白癬菌による足白癬(水虫)、爪白癬(爪水虫)、頭部浅在性白癬(シラクモ)、体部白癬(タムシ)、股部白癬(インキンタムシ)などやカンジダ菌によるカンジダ症などがあります。

テルビナフィンは内服タイプの真菌症治療薬です。主に抗真菌外用薬で改善が見られなかった足白癬(水虫)などの皮膚真菌症や爪白癬(爪水虫)の治療に使用されます。
飲んで身体の内側からしっかり治します。

テルビナフィンは水虫の飲み薬として広く認知されておりますが、強い抗真菌活性と幅広い抗真菌スペクトルが特徴であるため、白癬菌やカンジダ菌をはじめとする数多くの真菌に対して有効です。

本剤は「ラミシール」のジェネリック医薬品であり、ラミシールと同成分・効果でありながら安価でお買い得です。

テルビナフィンはアリルアミン系と呼ばれる抗真菌薬です。
腸から吸収された有効成分は爪や皮膚角質などの病巣にすばやく集まり、真菌細胞内へ移行します。そして真菌の細胞膜の構成成分であるエルゴステロールの成長を阻害することで真菌細胞を破壊、死滅させます。
尚、人間の細胞膜の構成成分はコレステロールでありエルゴステロールは存在しません。そのため人間の細胞には影響を及ぼさないので安全性が高いです。

テルビナフィンは数多くの真菌に対して殺菌効果を発揮します。
主に深在性皮膚真菌症や爪白癬、頭部白癬、その他角質増殖型の白癬、爪カンジダ症などの治療に幅広く使用されています。
殺菌的に作用するため、一定期間根気よく治療すれば根治可能です。

特に、爪白癬治療薬といえばテルビナフィン内服もしくはイトラコナゾール内服(商品名イトリゾールなど)の2大巨塔です。
爪白癬は手足の白癬(水虫)が進行し、爪の間にまで白癬菌が侵食して爪が肥厚肥厚・変色・変形などの病変が起こる疾患です。水虫の末期症状だとも言われます。足白癬を放置しているとかかりやすいです。
爪は角質が非常に硬く外用薬が浸透しにくいため、爪白癬の治療では内服薬が選択されることが多いです。
テルビナフィンを長期間(3~12ヶ月以上)服用することで爪白癬の根治が可能です。
もうひとつの爪白癬治療内服薬イトラコナゾールも優れた抗真菌薬ですが、併用禁忌薬や併用注意薬が非常に多いのがデメリットです。テルビナフィンに併用禁忌薬はありません。

ただし、テルビナフィンは肝障害と血液障害の重大な副作用が報告されているため注意が必要です。重い肝障害や血液障害がある方は服用できません。
テルビナフィンを長期間服用する際には定期的な肝機能検査や血液検査を受けてください。

テルビナフィン250mg(ラミシール)
スポンサーサイト



テルビナフィン250mg(ラミシール)


テルビナフィン250mg(ラミシール)


真菌はカビの仲間であり、真菌の感染による真菌症は、身体の表面に感染する表在性真菌症と、肺や肝臓などの臓器すなわち身体の深部に感染する深在性真菌症とがあります。
よく見られる代表的な真菌症は白癬菌による足白癬(水虫)、爪白癬(爪水虫)、頭部浅在性白癬(シラクモ)、体部白癬(タムシ)、股部白癬(インキンタムシ)などやカンジダ菌によるカンジダ症などがあります。

テルビナフィンは内服タイプの真菌症治療薬です。主に抗真菌外用薬で改善が見られなかった足白癬(水虫)などの皮膚真菌症や爪白癬(爪水虫)の治療に使用されます。
飲んで身体の内側からしっかり治します。

テルビナフィンは水虫の飲み薬として広く認知されておりますが、強い抗真菌活性と幅広い抗真菌スペクトルが特徴であるため、白癬菌やカンジダ菌をはじめとする数多くの真菌に対して有効です。

本剤は「ラミシール」のジェネリック医薬品であり、ラミシールと同成分・効果でありながら安価でお買い得です。

テルビナフィンはアリルアミン系と呼ばれる抗真菌薬です。
腸から吸収された有効成分は爪や皮膚角質などの病巣にすばやく集まり、真菌細胞内へ移行します。そして真菌の細胞膜の構成成分であるエルゴステロールの成長を阻害することで真菌細胞を破壊、死滅させます。
尚、人間の細胞膜の構成成分はコレステロールでありエルゴステロールは存在しません。そのため人間の細胞には影響を及ぼさないので安全性が高いです。

テルビナフィンは数多くの真菌に対して殺菌効果を発揮します。
主に深在性皮膚真菌症や爪白癬、頭部白癬、その他角質増殖型の白癬、爪カンジダ症などの治療に幅広く使用されています。
殺菌的に作用するため、一定期間根気よく治療すれば根治可能です。

特に、爪白癬治療薬といえばテルビナフィン内服もしくはイトラコナゾール内服(商品名イトリゾールなど)の2大巨塔です。
爪白癬は手足の白癬(水虫)が進行し、爪の間にまで白癬菌が侵食して爪が肥厚肥厚・変色・変形などの病変が起こる疾患です。水虫の末期症状だとも言われます。足白癬を放置しているとかかりやすいです。
爪は角質が非常に硬く外用薬が浸透しにくいため、爪白癬の治療では内服薬が選択されることが多いです。
テルビナフィンを長期間(3~12ヶ月以上)服用することで爪白癬の根治が可能です。
もうひとつの爪白癬治療内服薬イトラコナゾールも優れた抗真菌薬ですが、併用禁忌薬や併用注意薬が非常に多いのがデメリットです。テルビナフィンに併用禁忌薬はありません。

ただし、テルビナフィンは肝障害と血液障害の重大な副作用が報告されているため注意が必要です。重い肝障害や血液障害がある方は服用できません。
テルビナフィンを長期間服用する際には定期的な肝機能検査や血液検査を受けてください。

テルビナフィン250mg(ラミシール)

ケトコナゾールクリーム2%(真菌症治療)


ケトコナゾールクリーム2%(真菌症治療)


ケトコナゾールクリームは古くからある有名な抗真菌外用薬です。
どんな症状にも使いやすく皮膚への負担が少ないクリームタイプです。

真菌はカビの一種です。誰もが聞いたことがあって多くの方がかかってしまう「水虫」も白癬菌という真菌による真菌感染症ですし、女性に多い「カンジダ」もカンジダ菌による真菌感染症です。

白癬菌は高温多湿の環境を好む真菌で、大半は足に寄生して足白癬すなわち水虫となります。共有したタオルやバスマットなどから簡単に感染します。
カンジダ菌は普段から体内に存在する真菌ですが、身体が弱って免疫力が低下すると異常増殖してカンジダ症を発症します。膣カンジダは性行為でも感染するため性感染症としても知られています。

頭皮や顔など皮脂の分泌が盛んな部位に多く発症する脂漏性皮膚炎も、原因はマラセチアという真菌の異常増殖です。(ただし、他にも原因が多数あります。まだ完全には解明されておりません。)脂漏性皮膚炎の症状は発赤、かゆみ、ブツブツ、炎症、大量のフケや脱毛(頭皮)などです。

ケトコナゾールクリームの有効成分ケトコナゾールは真菌の発育を抑制して殺菌し、真菌感染症による症状を改善して根治してくれます。

ケトコナゾールクリームは主に足白癬(水虫)、体部白癬(ぜにたむし)、股部白癬(いんきんたむし)、皮膚カンジダ症、癜風、脂漏性皮膚炎の治療に世界中で非常に多く使用されています。

本剤はジェネリック医薬品であり、先発品の商品名は「ニゾラールクリーム」です。ニゾラールクリームと同一成分・効果ですが、値段がお安く設定されています。

ケトコナゾールクリームの有効成分ケトコナゾールはイミダゾール系の抗真菌薬で、強い抗真菌活性と広い抗真菌スペクトルを持っています。白癬菌、カンジダ、癜風菌をはじめ数多くの真菌に対して抗真菌効果を発揮します。

ケトコナゾールは真菌細胞の細胞膜を構成するエルゴステロールという成分の生合成を阻害することで真菌の発育を抑制します。
エルゴステロールは真菌細胞独自の成分であるため、人間など哺乳類の細胞には存在しません。そのため人間の細胞には無害で安全です。

また、ケトコナゾールにはAGA(男性型脱毛症)の原因物質ジヒドロテストステロン(悪玉男性ホルモン)を抑制する作用があり、AGAの予防・改善効果があることが明らかになっています。
ただし、本剤のようなクリームタイプは頭皮への使用はやや不向きです。AGAや頭皮の脂漏性皮膚炎の改善目的の場合は、有効成分ケトコナゾールのローションタイプやシャンプータイプをお勧めします。(このサイト内で販売しております。)

ケトコナゾールクリーム2%(真菌症治療)

ケトコナゾールクリーム2%(真菌症治療)


ケトコナゾールクリーム2%(真菌症治療)


ケトコナゾールクリームは古くからある有名な抗真菌外用薬です。
どんな症状にも使いやすく皮膚への負担が少ないクリームタイプです。

真菌はカビの一種です。誰もが聞いたことがあって多くの方がかかってしまう「水虫」も白癬菌という真菌による真菌感染症ですし、女性に多い「カンジダ」もカンジダ菌による真菌感染症です。

白癬菌は高温多湿の環境を好む真菌で、大半は足に寄生して足白癬すなわち水虫となります。共有したタオルやバスマットなどから簡単に感染します。
カンジダ菌は普段から体内に存在する真菌ですが、身体が弱って免疫力が低下すると異常増殖してカンジダ症を発症します。膣カンジダは性行為でも感染するため性感染症としても知られています。

頭皮や顔など皮脂の分泌が盛んな部位に多く発症する脂漏性皮膚炎も、原因はマラセチアという真菌の異常増殖です。(ただし、他にも原因が多数あります。まだ完全には解明されておりません。)脂漏性皮膚炎の症状は発赤、かゆみ、ブツブツ、炎症、大量のフケや脱毛(頭皮)などです。

ケトコナゾールクリームの有効成分ケトコナゾールは真菌の発育を抑制して殺菌し、真菌感染症による症状を改善して根治してくれます。

ケトコナゾールクリームは主に足白癬(水虫)、体部白癬(ぜにたむし)、股部白癬(いんきんたむし)、皮膚カンジダ症、癜風、脂漏性皮膚炎の治療に世界中で非常に多く使用されています。

本剤はジェネリック医薬品であり、先発品の商品名は「ニゾラールクリーム」です。ニゾラールクリームと同一成分・効果ですが、値段がお安く設定されています。

ケトコナゾールクリームの有効成分ケトコナゾールはイミダゾール系の抗真菌薬で、強い抗真菌活性と広い抗真菌スペクトルを持っています。白癬菌、カンジダ、癜風菌をはじめ数多くの真菌に対して抗真菌効果を発揮します。

ケトコナゾールは真菌細胞の細胞膜を構成するエルゴステロールという成分の生合成を阻害することで真菌の発育を抑制します。
エルゴステロールは真菌細胞独自の成分であるため、人間など哺乳類の細胞には存在しません。そのため人間の細胞には無害で安全です。

また、ケトコナゾールにはAGA(男性型脱毛症)の原因物質ジヒドロテストステロン(悪玉男性ホルモン)を抑制する作用があり、AGAの予防・改善効果があることが明らかになっています。
ただし、本剤のようなクリームタイプは頭皮への使用はやや不向きです。AGAや頭皮の脂漏性皮膚炎の改善目的の場合は、有効成分ケトコナゾールのローションタイプやシャンプータイプをお勧めします。(このサイト内で販売しております。)

ケトコナゾールクリーム2%(真菌症治療)

テルビナフィン(ラミシール)250mg28錠


テルビナフィン(ラミシール)250mg28錠


テルビナフィン250mgは、真菌(カビ)による感染症である水虫やカンジダ症治療薬ラミシール錠125mgのジェネリック医薬品です。

服用することで、病気の原因となる真菌の皮膚糸状菌(白癬菌)や性行為感染症としても有名なカンジダ菌に対して殺真菌効果をあらわします。

血液とともに全身に有効成分が移行するため全身の真菌感染症に対して殺真菌効果をあらわすことができ、抗真菌クリームなどの塗り薬では治療できない局所的な部位に対しても優れた効果をあらわします。

日本で販売されている先発品ラミシール錠125mgよりも高用量の有効成分を含有しているので、より強力な効果が期待できます。

皮膚糸状菌(トリコフィトン属、ミクロスポルム属、エピデルモフィトン属)、カンジダ属、スポロトリックス属、ホンセカエア属による下記感染症(但し、外用抗真菌剤では治療困難な患者に限る。)

深在性皮膚真菌

白癬性肉芽腫、スポロトリコーシス、クロモミコーシス
表在性皮膚真菌症

白癬:爪白癬、手・足白癬、生毛部白癬、頭部白癬、ケルスス禿瘡、白癬性毛瘡、生毛部急
性深在性白癬、硬毛部急性深在性白癬
カンジダ症:爪カンジダ症

テルビナフィン(ラミシール)250mg28錠
最新記事
カテゴリ
検索フォーム