FC2ブログ

トール20mg(ルプラックジェネリック)


トール20mg(ルプラックジェネリック)


トール20mg(ルプラックジェネリック)は、尿排泄を促進することで、心臓・腎臓・肝臓の機能低下によるむくみ(浮腫)や、高血圧の治療に効果を発揮します。むくみの治療には利尿剤が使われますが、トール20mgは水分や電解質の強力な排泄作用を持つ、ループ利尿薬に属します。ループ利尿薬は、利尿薬の中ではいちばん作用が強いと言われていますが、カリウムを排泄するため、低カリウム血症(症状:高血圧・疲労・筋力低下・抑うつ・便秘など)の原因となることもあります。しかしトールには、カリウム保持性もあるため、他のループ利尿剤と比べると低カリウム血症が起こりにくく、さらに食事の影響を受けない、効果の出現が均等である等の特長を持っています。この強い利尿作用により、海外ではむくみの治療だけではなく、高血圧に対する降圧薬としても使用されています。

トール20mg(ルプラックジェネリック)
スポンサーサイト



ダイトール10mg(ルプラックジェネリック)


ダイトール10mg(ルプラックジェネリック)


ダイトールは、尿排泄を促進することで、心臓・腎臓・肝臓の機能低下によるむくみ(浮腫)や、高血圧の治療に効果を発揮します。むくみの治療には利尿剤が使われますが、ダイトールは水分や電解質の強力な排泄作用を持つ、ループ利尿薬に属します。ループ利尿薬は、利尿薬の中ではいちばん作用が強いと言われていますが、カリウムを排泄するため、低カリウム血症(症状:高血圧・疲労・筋力低下・抑うつ・便秘など)の原因となることもあります。しかしダイトールには、カリウム保持性もあるため、他のループ利尿剤と比べると低カリウム血症が起こりにくく、さらに食事の影響を受けない、効果の出現が均等である等の特長を持っています。この強い利尿作用により、海外ではむくみの治療だけではなく、高血圧に対する降圧薬としても使用されています。

ダイトール10mg(ルプラックジェネリック)

アルダクトン(スピロノラクトン)100mg


アルダクトン(スピロノラクトン)100mg


アルダクトン100mgは日本をはじめ世界的に有名な利尿降圧薬であり、昔から非常に人気のある薬です。

体内に蓄積された余分な水分を尿として体外に排泄させる作用があり、高血圧、心不全、浮腫(むくみ)の治療に多く使用されます。むくみに対しては、生理前の手足のむくみなどの単なるむくみから心不全など様々な疾患から生じるむくみまで、あらゆるむくみに有効です。
また、アルダクトンはもうひとつの作用である男性ホルモンを抑制する作用が男性ホルモンの優位性によって起こるニキビ・女性の多毛症(ムダ毛が異常に多い)・男性型脱毛症(AGA)に有効であることが明らかになったため、それらの治療に応用されるようになりました。

アルダクトンの作用は比較的穏やかです。強力な利尿降圧薬が他にあるため、高血圧や心不全治療にアルダクトン単独での臨床使用はあまり見られません。ただし慢性心不全に対してアルダクトンは非常に有効であり、アルダクトンを薬物療法に追加することで死亡率が約30%低下したというデータがあります。

アルダクトン(スピロノラクトン)100mg

トール10mg(ルプラックジェネリック)


アルダクトン(スピロノラクトン)100mg


トールは、尿排泄を促進することで、心臓・腎臓・肝臓の機能低下によるむくみ(浮腫)や、高血圧の治療に効果を発揮します。むくみの治療には利尿剤が使われますが、トールは水分や電解質の強力な排泄作用を持つ、ループ利尿薬に属します。ループ利尿薬は、利尿薬の中ではいちばん作用が強いと言われていますが、カリウムを排泄するため、低カリウム血症(症状:高血圧・疲労・筋力低下・抑うつ・便秘など)の原因となることもあります。しかしトールには、カリウム保持性もあるため、他のループ利尿剤と比べると低カリウム血症が起こりにくく、さらに食事の影響を受けない、効果の出現が均等である等の特長を持っています。この強い利尿作用により、海外ではむくみの治療だけではなく、高血圧に対する降圧薬としても使用されています。

アルダクトン(スピロノラクトン)100mg

アルダクトン(スピロノラクトン)25mg


アルダクトン(スピロノラクトン)25mg


アルダクトン25mgは、抗アルドステロン性利尿・降圧剤です。有効成分として、1錠にスピロノラクトンを25mg含有しています。高血圧やむくみを解消するために世界中でアルダクトン25mgは承認されており、アメリカやイギリス、フランス、カナダ、オーストラリア等の主要国だけでなく、日本でも承認・販売されています。

服用することで腎臓の遠位尿細管に作用し、身体から余分な水分を塩分とともに尿として排出し、むくみ(浮腫)を解消したり、血圧を下げたりすることができます。血圧を低下させる作用自体はそこまで強くはなく、主に足や顔などのむくみ解消として服用されている方が多いです。尿として余分な水分を排出することができるため、アルダクトン25mgは利尿剤といわれています。

一般的な利尿剤は、水分と一緒に体内のカリウムも排出してしまうため低カリウム血症の副作用を起こしやすいというデメリットがありました。低カリウム血症を起こしてしまうと、筋力低下、麻痺、呼吸不全、痙攣等の症状を起こしてしまいます。アルダクトン25mgは、そのような一般的な利尿剤とは異なり、体内のカリウムを排出することなく効果をあらわすことができるので、他の利尿剤服用によりカリウム喪失経口のある方やもともと血中カリウム値が低い方でも安全に服用することができます。

詳しいアルダクトン25mgの作用メカニズムは、腎臓の遠位尿細管といわれる部位に存在するアルドステロン依存性ナトリウム-カリウム交換部位に働くことで効果を発揮します。アルドステロンとは、身体の水分量を増やし血圧を上昇させるホルモンとして働きます。有効成分のスピロノラクトンは、アルドステロン拮抗作用により、ナトリウム及び水の排泄を促進し、カリウムの排泄を抑制します。

注意点として、アルダクトン25mgはカリウムの排出をしないでむくみを解消するお薬ですが、そのために体内の血中カリウム値が高くなりすぎて高カリウム血症を起こしてしまうおそれがあります。手足がしびれ、脈の乱れ、身体の力が入らない等の症状があらわれたら高カリウム血症になりかけている可能性があるので、そのような場合は、アルダクトン25mgの服用を中止して、医療機関を受診するようにしてください。

アルダクトン(スピロノラクトン)25mg
最新記事
カテゴリ
検索フォーム