FC2ブログ

ノルバスク5mg


ノルバスク5mg

ノルバスク5mg


ノルバスクは、ファイザー株式会社が販売している、高血圧・狭心症治療薬です。

数ある高血圧治療薬の中でも、世界的に有名な薬で、高血圧治療において、第一選択薬とされ、多くの方の治療に役立っています。1993年12月から発売されていて、日本でも認可されている先発薬の降圧剤です。

ノルバスクの有効成分は、アムロジピンで、カルシウム拮抗薬という種類の医薬品に分類されます。カルシウム拮抗薬は、効き目が良く、安全性が高いといわれていて、合併症がある場合でも、安心して使用できる点が魅力です。カルシウム拮抗薬には、カルシウムが細胞内に侵入するのを防ぐ働きがあります。

血圧が上がる原因は、カルシウムが血管壁の細胞に侵入することです。それを防ぐために、カルシウム拮抗薬が使用されます。

アムロジピンは、心臓と全身の血管を拡張させ、血流を促すため、血圧を下げる作用があります。また、心収縮を抑え、心臓の負担を軽減する働きもあるため、狭心症の治療にも用いられます。効果は緩徐に現れるため、緊急な治療ではなく、日々継続して服用する薬です。

アムロジピンは半減期が長いことから、1日1回の服用で、持続的な臨床効果が得られる点が特徴です。さらに、多くの臨床エビデンスがあり、信頼性が高い成分です。

血糖値や脂質、尿酸への影響がないことから、年代を問わず多くの方に使用できます。また、アムロジピンは6歳以上の小児の高血圧治療にも使用することができる成分です。

ノルバスク5mg

スポンサーサイト



ノルバスク・ジェネリック(アムリップ)10mg


ノルバスク・ジェネリック(アムリップ)10mg

ノルバスク・ジェネリック(アムリップ)10mg


会社の健康診断や人間ドッグで「血圧が高い」と指摘されたりしましたか?急に胸が締め付けられるような痛みに襲われたりしたことはありますか?そんなあなたは高血圧や狭心症になっているおそれがあります。このアムリップ10mgは、高血圧と狭心症を治療するためのお薬です。

インドのムンバイに本社を構える製薬メーカーであるシプラ(Cipla)社によって製造・販売されています。アムリップ10mgは、1錠に有効成分としてアムロジンを10mgもの高用量含有しています。優れた血圧低下・狭心症治療効果を持ち、世界中の医療機関で使用されています。日本でもアムロジンは承認されており、高血圧や狭心症に悩む患者の方に服用されています。

日本では先発品としてファイザー株式会社からはノルバスク錠10mgが、大日本住友製薬株式会社からはアムロジン錠10mgが発売されています。通常、1日1回2.5mgから5mgのアムロジピンを服用すれば24時間血圧を良好に管理することができます。そのため、1錠を半分に割ったアムリップ10mgを服用するだけでも十分に効果を得ることができるので、非常にコストパフォーマンスの高い商品です。毎日継続して服用し、良好な血圧を維持することで、脳卒中や腎臓病、心筋梗塞等の重大な病気の発現を予防することもできます。

ノルバスク・ジェネリック(アムリップ)10mg

オルメサバ(オルメサルタン・メドキソミル)20mg


オルメサバ(オルメサルタン・メドキソミル)20mg

オルメサバ(オルメサルタン・メドキソミル)20mg


オルメサバは、血圧を上げる体内物質であるアンジオテンシンIIの働きを抑えて血管を拡張し、水分や電解質が調整されることで血圧を下げる、高血圧症の治療薬です。有効成分オルメサルタンメドキソミルが、体内物質アンジオテンシンIIと高血圧の原因となる受容体1との結合を妨げます。

アンジオテンシンIIは、アンジオテンシンII受容体1と結合してはじめて、血管収縮・血圧上昇・利尿作用・細胞増殖などに作用します。血液量や血液中のナトリウム(塩分)が低下すると、アンジオテンシンIIが生成され、それが受容体1と結合すると、動脈の血管収縮を起こし、血圧が上昇してしまうのです。 またアンジオテンシンIIは、循環血液量や血圧の維持に関係するホルモンであるアルドステロンの分泌と、抗利尿ホルモンであるバゾプレッシンの分泌を促進します。アルドステロンは、ナトリウムを再吸収することで血管内の血流量を増やして血圧を上げ、 バゾプレッシンは、細動脈を収縮させて血圧を上昇させます。 近年のマウスによる試験では、オルメサルタンが認知機能の低下に対して有意に抑制され、記憶力に対しても有意な改善が認められたとの報告があり、高血圧症の治療だけでなくアルツハイマーの治療薬としても、将来期待されています。

オルメサバ(オルメサルタン・メドキソミル)20mg

コンコール5mg(メインテート)


コンコール5mg(メインテート)

コンコール5mg(メインテート)


コンコール5mgは、心臓を休ませ、血圧を下げるお薬です。

高血圧症のほか、狭心症や不整脈、慢性心不全の治療に用いられます。

コンコール5mg は、Merck Consumer Healthcare Ltd.によって製造・販売されており、現在では世界100ヵ国以上で承認・販売されています。

日本でも田辺三菱製薬により、2011年にメインテート錠という名前で承認・販売されており、多くの医療機関で循環器系疾患の患者のために処方されています。

過剰な心臓の活動を抑制することで、血圧症のほか、狭心症や不整脈、慢性心不全の治療に使用することができます。

その優れた効果は世界中で認められており、1日1回服用することで24時間にわたって良好な効果が得られます。

コンコール5mg(メインテート)

アキュレティック10mg


アキュレティック10mg

アキュレティック10mg


アキュレティック(ACCURETIC)は、血圧を上げるホルモンのひとつであるアンジオテンシン�Uを阻害する、ACE(アンジオテンシン変換酵素)阻害薬と尿の排泄を促し細胞外液量(腎臓でナトリウムや水分)の再吸収を抑え尿の量を増やし、血圧を下げる効果があるヒドロクロロチアシドを持ち合わせたお薬です。

アンジオテンシン�Uは、血管を収縮させたり、腎臓でのナトリウムや水分の排出を抑えて血液量を増やす作用があり、血圧を上げる働きをします。アキュレティック(ACCURETIC)に含まれるキナプリルは、この働きを抑える作用があり、アンジオテンシン�Uが作られなければ、その結果、血管は拡がり、血圧が下がります。

ACE阻害薬によって「本態性高血圧症の根本治療に一歩近づいた」とも言われています。

そして、アキュレティック(ACCURETIC)に含まれる利尿剤(ヒドロクロロチアシド)によって、血液量を増やすナトリウムや水分を排出することにより、血圧をより効果的にすばやく下げることができます。

アキュレティック10mg

最新記事
カテゴリ
検索フォーム