FC2ブログ

オエストロジェル


オエストロジェル


オエストロジェル


妊娠出産に重要な役割を持つ女性ホルモンには卵胞ホルモンであるエストロゲンと黄体ホルモンであるプロゲステロンとがありますが、オエストロジェルは皮膚に塗布するタイプのエストロゲン製剤です。有効成分は活性型エストロゲンの17β-エストラジオールです。

エストロゲンは、「正常な生理周期を保つ」、「子宮内膜を厚くする」、「卵胞を成熟させ排卵を起こす」、「乳房の発達」、「肌や髪を美しく保ち女性らしい身体を作る(アンチエイジング)」、「自律神経を安定させる」、「骨を丈夫にする」、「脳を活発にする」、などといった体内において多くの機能を正常に維持するための大切な役割を持っています。女性が美しく若々しく健康でいるためには必要不可欠なホルモンです。

エストロゲンの分泌が増加するのは月経終了から排卵日までの期間(卵胞期)で、この時期はエストロゲンの作用で基礎体温が低下し、肌の状態や代謝などをはじめ心身の調子が好調になるのが特徴です。(ダイエット雑誌などでよく見かける「痩せ期」はまさしくこの卵胞期です。この時期にダイエットを開始すると効率良く痩せることができます。)

一方、更年期(閉経までの数年で平均50歳前後)や卵巣欠落症状などによって卵巣機能が衰えエストロゲンの分泌が著しく減ると、心身共に多くの不調が生じ始めます。特に更年期障害は誰しも女性が経験する症状ですが、これは加齢によるエストロゲンの急激な減少によるものです。更年期障害による症状は個人差が大きいですが、のぼせ、発汗、動悸、頭痛、めまい、肩こり、腰痛、不眠、不安やイライラ、うつ、泌尿生殖器の萎縮などといった様々な全身的な症状が起こります。

オエストロジェルの有効成分17β-エストラジオールは活性化されて強力になったエストロゲン作用によって体内のエストロゲンをカバーし、ホルモンバランスを整えてエストロゲン減少による様々な症状を改善します。尚、このように体内で不足している女性ホルモンを薬で補う治療を臨床の現場ではホルモン補充療法と呼ばれています。

更年期障害による諸症状の改善の他にも、長期間使用を続けることで骨密度低下や骨粗鬆症の予防効果にも期待でき、更に肌が潤う、肌に艶やハリが出る、バストアップなどといった素晴らしい美容効果も有しています。エイジングケアを目指す方にすごくお勧めです。また、女性化を希望する男性もオエストロジェルを使用すると女性らしい身体に近づくと言われています。(一般的ではないので、必ず医師の指示に従って使用してください。)

オエストロジェルの塗布後は血中の女性ホルモン濃度が徐々に上がっていき、安定した効果が長く持続します。有効成分が体内に吸収された後は塗布部位を洗い流しても安定した血中濃度で効果は持続します。一定時間が経過すれば、汗をかいたり洗い流したりしても問題ありません。

また、オエストロジェルは有効成分が皮膚から直接取り入れられることで肝臓や腎臓を通らず効率的に血中に到達するため、全身性の副作用がほとんどなく安全性が高いです。

簡単にエストロゲンを補充できるので、内服薬や膣錠にはなかなか勇気がでない方も気軽に使用することができます。

オエストロジェル

スポンサーサイト



クリマラ50(女性ホルモン)


クリマラ50(女性ホルモン)


クリマラ50(女性ホルモン)


女性ホルモンには卵胞ホルモンの「エストロゲン」と黄体ホルモンの「プロゲステロン」があり、この2つのホルモンの増加減少によって生理周期のリズムが作られ妊娠出産が行われます。

クリマラ50は有効成分として活性型のエストロゲンであるエストラジオール3.8mgを含有している外用パッチタイプの女性ホルモン製剤です。体内で不足したエストロゲンを補充する作用により、エストロゲン減少による全身的な症状を改善します。

エストロゲンは、「正常な生理周期の維持」、「卵胞を成熟させ排卵を促す」、「子宮内膜を厚くする」、「女性の子宮や乳房の発育といった女性機能を司る作用」の他、脳や精神、骨、筋肉、間接、胃腸の働きなど身体の多くの機能にも大きな関わりを持つ重要な女性ホルモンです。また、美肌効果や美髪効果も有しているため女性が美しく若々しく健康でいるためには必要不可欠なホルモンです。

女性は更年期(閉経を迎えるまでの数年間)にさしかかると、エストロゲンが急激に減少することでホルモンバランスが崩れて心身に様々な不調が現れやすくなります。このような心身の不調による症状が起きることを更年期障害と呼びますが、主に疲労感、不眠、ホットフラッシュ(ほてりやのぼせ)、頭痛、めまい、不安感やイライラ感、生殖器の萎縮(膣の乾燥や性交痛)などの症状が挙げられます。

クリマラ50は更年期障害による諸症状をはじめ、卵巣欠落症状が原因の血管運動神経症状・低エストロゲン症に対する治療に多く使用されています。更に、閉経後における骨粗鬆症の予防(エストロゲンの骨を丈夫にする作用)、男性から女性への性転換(エストロゲン補充による女性化作用)、不妊症(エストロゲンの子宮内膜増殖作用)などにも素晴らしい効果を発揮します。

クリマラ50はシール状になっているため、皮膚に貼付して使用します。有効成分は貼付した部位から体内に吸収され穏やかに血中に到達して全身を巡り、エストロゲンを補います。尚、1日あたりのエストラジオールの放出量は0.05mgです。

クリマラ50を1度皮膚に貼付するだけで7日間効果が持続するため、普段薬を飲み忘れがちな方も正しく使用しやすく経済的というメリットがあります。効率良く皮膚から吸収され肝臓や腎臓を通らないため、全身的な副作用も少なく安全性が高いです。

クリマラ50のように不足した女性ホルモンを補う治療を臨床の現場では「女性ホルモン補充療法(HRT)」と呼びます。一般的なHRTにおいては、子宮のある女性がエストロゲン製剤を使用する場合には部分的に黄体ホルモン製剤を併用することが多いです。

これはエストロゲン製剤を単独で長期間使用すると子宮体がんのリスクがやや高くなると言われているためですが、諸説が多く医師の判断によるところが大きいです。そのため、HRTを開始すると際には必ず医師の指示に従った正しい治療を受けてください。

クリマラ50(女性ホルモン)

プレマリン1.25mg


プレマリン1.25mg


プレマリン1.25mg


プレマリンは有効成分として結合型エストロゲン1.25mgを含有する女性ホルモン製剤です。世界最大手の製薬会社Pfizerが製造販売しており、国内でも代表的な女性ホルモン製剤として有名です。

女性ホルモンのひとつ「エストロゲン」そのものを補充することで、卵巣機能不全・更年期障害・腟炎・機能性子宮出血といった様々な婦人科トラブルを改善します。

プレマリンのようなエストロゲン製剤による治療をホルモン補充療法(Hormone Replacement Therapy=HRT)と呼びますが、ホルモン補充療法で代表的なのが更年期障害の治療です。

更年期障害は閉経前の急激なエストロゲン減少によって起こる全身的な不調ですが、プレマリンを服用することで不足したエストロゲンの働きが補われ、自律神経が整って多くの不調が改善します。尚、更年期障害のHRTではプロゲステロン(黄体ホルモン)製剤を併用することが原則となっております。

その他、プレマリンは卵巣機能不全による不妊症の改善、膣炎・膣の乾燥萎縮による性交痛の改善、不正出血の止血&生理周期の正常化などに有効です。

プレマリン1.25mg

プレマリンクリーム


プレマリンクリーム

プレマリンクリーム


女性ホルモンは卵胞ホルモンのエストロゲンと黄体ホルモンのプロゲステロンの2種類があります。どちらも女性の身体に必要不可欠な重要なホルモンですが、本剤はこのエストロゲンを補充するエストロゲン製剤になります。有効成分はエストロゲンそのものであるコンジュゲートエストロゲン(結合型エストロゲン)0.625mgです。

エストロゲンの作用は、卵胞の成熟を促す・子宮内膜を厚くする・頸管粘液の分泌を促す・自律神経や感情の動き、脳の働きを整える・骨の形成・コラーゲンの分泌促進など妊娠出産に重要な役割を担うだけでなく、美肌や美髪、アンチエイジング作用で女性らしい美しさを保つためのホルモンです。

エストロゲンの分泌が増加するのは生理の終わりから排卵前までで、この期間を生理周期の中で卵胞期と呼びます。卵胞期はエストロゲンの作用で基礎体温が下がり、新陳代謝が活性化されることで肌の状態も良くなり心身の調子が上がるのが特徴です。ダイエットにおける「痩せ日」はまさにこの期間になります。痩せ日にダイエットを開始すると、効率良く痩せることができます。

エストロゲンの分泌は35歳をピークに減少しはじめ、閉経すると著しく減少します。この閉経までの数年間である更年期や卵巣欠落症状などによって卵巣機能が低下してエストロゲンの分泌が一気に減ると、心身に多くの不調をきたすようになります。

特に更年期障害は多くの女性に現れる症状ですが、これはエストロゲンの急な減少によるものです。症状の発現には個人差がありますが、主に疲労感、倦怠感、不眠、ほてり、のぼせ、発汗、頭痛、めまい、不安感やイライラなどの全身症状が挙げられます。

プレマリンクリームは膣に直接使用できる外用クリームタイプのエストロゲン製剤です。膣内の乾燥、萎縮性膣炎、外陰萎縮症などの更年期障害の症状として膣周辺に起こる症状に対して高い改善効果があります。

エストロゲンには肌や粘膜の潤いを保つ作用があるため、加齢や更年期などの要因で減少すると膣内の潤いや弾力がなくなって萎縮した状態になりやすくなります。そのような状態になると性交の際に挿入がスムーズにいかなくなって性交痛が生じてしまうようになります。

プレマリンクリームは膣内に注入してエストロゲンを補充することで膣の潤いや柔らかさを改善して性交痛の軽減・改善に高い効果を発揮します。尚、膣乾燥や性交痛以外の更年期障害の全身的な症状には内服タイプがお勧めです。

基本的には膣用のクリームですが、肌に塗布しても全く問題ありません。身体の中で一番デリケートな部分に使用可能であるため、その他の部位ももちろん使用可能です。肌に塗布することで肌が潤いハリ・艶アップなどのアンチエイジング効果や胸に塗布することでバストアップ効果などの素晴らしい美容効果を期待できます。

患部に直接塗布するため、エストロゲンは皮膚から体内に取り入れられ局所的に高い効果を発揮します。そのため全身的な副作用はごく僅かで安全性が高いです。性交時の悩みやエイジングケアの観点からエストロゲンの補充に興味があるものの内服はちょっとという方にプレマリンクリームはすごくお勧めです。

プレマリンクリーム

【ヒマラヤ】シャタバリ(更年期)


【ヒマラヤ】シャタバリ(更年期)


【ヒマラヤ】シャタバリ(更年期)


シャタバリは南インドやアフリカ、ヒマラヤでも標高の低い地域に自生する植物「シャタバリ」を主原料としたサプリメントです。月経不順や更年期障害に優れた効果を発揮します。

アーユルヴェーダの本場インドで、創業80年以上の歴史を誇るヒマラヤ・ヘルスケア社が製造しています。ヒマラヤ・ヘルスケア社の商品は、長い年月をかけた研究・開発に基づくアーユルヴェーダの豊富な知恵・価値に、現代の製薬テクノロジーを融合させており、その品質の高さには定評があります。

シャタバリには、女性ホルモンレベルを整える植物性エストロゲンと、免疫を強めてストレスを軽減し若返りをはかる滋養強壮作用があります。

その効果はシャタバリが「100人の夫を持つ」という意味を持つほど、女性が元気になるハーブとして、インド・スリランカ発祥の伝統医療・アーユルヴェーダで古代から珍重されてきました。アーユルヴェーダの医師によると、更年期の前からシャタバリを服用しはじめると、更年期が楽になると言われています。

女性の体調やコンディションは女性ホルモンバランスと密接な関係があります。女性ホルモンとは、卵巣から分泌されるエストロゲンとプロゲステロンの総称です。中でもエストロゲンは女性の体の機能と健康に大きく関わり、重要な働きをしているホルモンです。正常に分泌されなくなると、月経のある間は月経不順や排卵障害を引き起こして不妊を引き起こします。

更年期以降は卵巣機能の老化によりエストロゲン分泌が減少しますが、脳では変わらず分泌を促す指令を出し続ける内にホルモンや自律神経のバランスが崩れてしまいます。それにより、ほてりやのぼせ、めまい、動悸、息切れなど全身の不快な症状や、イライラ、不安などの精神的な症状が起こるのが更年期障害です。

更年期障害自体は、加齢に伴う卵巣機能の低下という自然現象であり、病気ではないので対症療法が基本となります。シャタバリは人のエストロゲンとよく似た働きをする植物性エストロゲン作用をもちます。シャタバリを服用することで、減少したエストロゲンを補うような現象が起こり、結果として乱れていたホルモンや自律神経のバランスが回復し、辛い症状が緩和されます。またトラウマや不安、肉体的疲労などのストレスへの抵抗能力を高める働きも持っています。

【ヒマラヤ】シャタバリ(更年期)

最新記事
カテゴリ
検索フォーム