FC2ブログ

セレタイドディスカス50/100Mcg(60回分)


セレタイドディスカス50/100Mcg(60回分)

セレタイドディスカス50/100Mcg(60回分)


セレタイドディスカスは、喘息症状の長期管理薬(コントローラー)です。

2つの有効成分が、炎症を抑制し、気管支拡張を促します。有効成分プロピオン酸フルチカゾンは、ステロイド剤で、細胞免疫の抑制と抗炎症作用という二つの作用があります。プロピオン酸フルチカゾンは細胞増殖を促す因子を制御したり、過敏反応する免疫機能の上昇を抑制します。

また、ロイコトリエンという気管支喘息の炎症の起因となる物質の生成を抑えます。それにより、気道狭窄・粘液の分泌と蓄積・気管支閉塞・気道の炎症細胞の浸潤といった、白血球細胞の炎症現象が抑制します。同時に、プロスタグランジンという炎症を促進する物質を生成する酵素のシクロオキシゲナーゼを阻害し、炎症を抑えます。

もうひとつの有効成分であるサルメテロールキシナホ酸塩は、気道周辺の平滑筋弛緩させる、アドレナリンβ2を刺激し、気管支を拡張し、気道を確保します。また、細胞(特に肥満細胞)からの即時型過敏症を促す、ヒスタミン・ロイコトリエン・プロスタグランジンD2の生成を、長時間抑制します。サルメテロールキシナホ酸塩には即効性はありませんが、効果持続性が12時間と優れているため、特に夜間から早朝に症状がある方に適しています。

長期管理薬(コントローラー)の目的は、慢性化した気道炎症を抑え、炎症を起こす要因となる気道過敏性を改善することです。気道の炎症が抑えた状態が続くことが喘息発作の予防となり、気道過敏性が改善により発作症状が軽減されるので、症状を長期間コントロールできるのです。

セレタイドディスカス50/100Mcg(60回分)

スポンサーサイト



アスタリン(サルブタモール)4mg


アスタリン(サルブタモール)4mg

アスタリン(サルブタモール)4mg


アスタリンは、気管支喘息、慢性気管支炎、肺気腫などの気道閉塞性障害による症状の緩和や、早産の予防に使用されるお薬です。有効成分サルブタモールは心臓への作用が出ず、ごく少量で充分に気管支拡張作用があります。

従来の気管支拡張剤であるイソプレナリンは、作用時間が短く、心脈管系への影響がありました。別に開発されたオルシプレナリンは、持続性はありましたが、効力が不十分でした。これらの欠点を改良された成分が、サルブタモールです。さらにサルブタモールは、子宮平滑筋を弛緩させる作用があることから、早産防止にも使用されます。

何らかの原因で気道が狭くなり、空気がうまく通らない状態が気道閉塞です。症状には、呼吸困難、喘鳴、胸苦しさがあります。気管支喘息では、ダニ・ほこり・花粉などのアレルゲン、慢性気管支炎ではウイルスや鉱物性・植物性の粒子などの刺激物、肺気腫では喫煙が原因であるとされています。これらの原因により気道の平滑筋が収縮し気道が狭くなり、喘息症状が現われます。平滑筋の収縮には、交感神経が関係しています。この交感神経の受容体にはαおよびβの2つの受容体があり、気管支筋の弛緩作用はこのうちβ受容体の刺激によるものです。

気管支拡張剤においてはこのβ受容体に対して選択的に反応を示すものが望ましいとされています。サルブタモールは、特にβ2受容体に対して強い興奮作用があります。

アスタリン(サルブタモール)4mg

アドベアーディスカスGB


アドベアーディスカスGB

アドベアーディスカスGB


アドベアーディスカスは吸入ステロイド薬(ICS)と長時間作動型β2刺激薬(LABA)の配合で、喘息の2大原因である気道の気管支収縮と慢性炎症を一剤で治療する唯一の喘息治療薬です。
アメリカではアドベアーディスカスは最も処方されている喘息の長期管理薬です。米国国立衛生研究所の治療ガイドラインでは、低用量のICS治療を受けているにもかかわらず喘息症状がある患者さんにICSとLABAの併用が推奨されています。

アドベアーディスカスGB

セレタイドディスカス250/50Mcg(60回分)


セレタイドディスカス250/50Mcg(60回分)

セレタイドディスカス250/50Mcg(60回分)


セレタイドディスカスは、喘息症状の長期管理薬(コントローラー)です。

2つの有効成分が、炎症を抑制し、気管支拡張を促します。有効成分プロピオン酸フルチカゾンは、ステロイド剤で、細胞免疫の抑制と抗炎症作用という二つの作用があります。プロピオン酸フルチカゾンは細胞増殖を促す因子を制御したり、過敏反応する免疫機能の上昇を抑制します。

また、ロイコトリエンという気管支喘息の炎症の起因となる物質の生成を抑えます。それにより、気道狭窄・粘液の分泌と蓄積・気管支閉塞・気道の炎症細胞の浸潤といった、白血球細胞の炎症現象が抑制します。同時に、プロスタグランジンという炎症を促進する物質を生成する酵素のシクロオキシゲナーゼを阻害し、炎症を抑えます。

もうひとつの有効成分であるサルメテロールキシナホ酸塩は、気道周辺の平滑筋弛緩させる、アドレナリンβ2を刺激し、気管支を拡張し、気道を確保します。また、細胞(特に肥満細胞)からの即時型過敏症を促す、ヒスタミン・ロイコトリエン・プロスタグランジンD2の生成を、長時間抑制します。サルメテロールキシナホ酸塩には即効性はありませんが、効果持続性が12時間と優れているため、特に夜間から早朝に症状がある方に適しています。

長期管理薬(コントローラー)の目的は、慢性化した気道炎症を抑え、炎症を起こす要因となる気道過敏性を改善することです。気道の炎症が抑えた状態が続くことが喘息発作の予防となり、気道過敏性が改善により発作症状が軽減されるので、症状を長期間コントロールできるのです。

セレタイドディスカス250/50Mcg(60回分)

アトロベント


アトロベント

アトロベント


気管支喘息の気道閉塞性障害の諸症状の緩解、肺気腫の気道閉塞性障害の諸症状の緩解、慢性気管支炎の気道閉塞性障害の諸症状の緩解の呼吸器官用薬です。

アトロベント

最新記事
カテゴリ
検索フォーム