FC2ブログ

テンビルEM(ツルバダ配合錠ジェネリック)


テンビルEM(ツルバダ配合錠ジェネリック)


テンビルEM(ツルバダ配合錠ジェネリック)は、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)の増殖を抑えることができるツルバダ配合錠のジェネリック医薬品です。

テンビルEMは、インドに拠点を持つCipla(シプラ)社によって製造・販売されています。

シプラ社は、インドのムンバイに本社を構える製薬会社で1935年に設立された歴史のある企業です。

シプラ社は日本ではあまり知られていませんが、インド国内ではジェネリック医薬品シェアの多くを占めています。

インドのジェネリックに関する制度は独特のため、高品質な医薬品のジェネリックを安価に製造することができています。

テンビルEMもそんなシプラ社が製造・販売している高品質な商品であり、安価でありながら非常に優れた治療効果を得ることができます。

先発品ツルバダ配合錠と同様に、1日1回服用することで後天性免疫不全症候群(AIDS)の治療に用いることができます。

海外ではHIV感染予防のためにも使用されています。

日本では、HIV-1感染症の治療のために承認されています。

海外では感染予防のためにも承認・使用されています。

テンビルEM(ツルバダ配合錠ジェネリック)
スポンサーサイト



テンビル300mg30錠


テンビル300mg30錠


テンビルは世界的に有名な抗HIV薬「ツルバダ配合錠」のジェネリック医薬品です。
インドの大手製薬シプラ社が製造販売しており、多くの国に輸出されております。
ツルバダ配合錠と同一成分・効果ですが、お安く購入できるのが特徴です。

HIVすなわちヒト免疫不全ウイルス(エイズウイルス)は血液や精液を介して感染するウイルスですが、性感染が9割を占めており中でも特に同性間のセックスで感染します。
HIVに感染してもしばらくは無症状ですが、何年かの月日を経て発症する疾患が「エイズ」、すなわち後天性免疫不全症候群です。
免疫力が著しく低下し、様々な感染症や病気にかかりやすくなります。
根治治療法が現在の医学においても存在しないため、「不治の病」だと呼ばれております。

ツルバダ配合錠はHIVの増殖を抑制する抗ウイルス薬(抗HIV薬)で、エイズの発症や進行を遅らせることができます。数十年もの間エイズを発症させないことも可能です。

また、日本では治療薬としてしか認められておりませんが、欧米などの海外ではツルバダ配合錠による「予防的服用」が認められております。
それが PrEP(プレップ)です。

PrEP:Pre-exposure prophylaxis(曝露前予防内服)は、HIV感染を予防する方法です。
ツルバダ配合錠を1日1錠一定期間服用することで、HIVの感染を90%~100%近く回避できることが研究で明らかになっております。

また、より簡単なのはセックス前後に薬を飲む「オンデマンドPrEP」という方法です。
セックスの前後にツルバダ配合錠を合計4錠服用することで、HIV感染を回避します。
オンデマンドPrEPによる予防効果は87%以上だと言われております。

テンビルはツルバダ配合錠のジェネリック医薬品であるため、同様の効果が期待できます。

尚、PrEPやオンデマンドPrEPで梅毒・淋菌・クラミジアなど他の性感染症を予防することはできません。
HIVを含め、全ての性感染症を予防することができるのはコンドームの使用に限ります。

国内での適応症:HIV-1感染症
海外の多くの国ではHIV感染予防薬(PrEP・オンデマンドPrEP)としても承認されております。
PrEPは2012年にアメリカでが初めて承認されました。
そしてWHO(世界保健機関)もHIV感染リスクが高い人たちに対してPrEPを推奨し、2015年にはガイドラインが策定されました。
PrEPが承認されている国は欧米を中心に世界中で多くありますが、残念ながら日本ではまだ承認されておりません。

テンビル300mg30錠

ファシジン500mg


ファシジン500mg


ファシジンの有効成分チニダゾールは、膣トリコモナス感染症の治療薬です。膣トリコモナス感染症とは、独特の痛痒さ伴う膣炎で、トリコモナス原虫が膣内で増殖し炎症を起こす感染症です。膣トリコモナス感染症は、女性に限らず男性にも感染することがあります。感染を繰り返す疾患のため早期治療が必要な性病です。

ファシジン500mg

メトロジール(メトロニダゾール)400mg


メトロジール(メトロニダゾール)400mg


トリコモナス感染症や嫌気性菌による感染症を治療します。
アモキシシリン・クラリスロマイシンおよびプロトンポンプインヒビター併用によるヘリコバクター・ピロリの除菌治療が不成功の場合の治療法として服用されます。
メトロジールはトリコモナス感染症や嫌気性菌による感染症の治療薬です。

メトロジールの主成分であるメトロニダゾールは、病原微生物のDNAの二重鎖切断などの機能障害を起こし、増殖を抑えることで殺菌作用を示します。メトロニダゾールは2007年に、「胃潰瘍および十二指腸潰瘍におけるヘリコバクター・ピロリ感染症」の保険適応となりましたが、ピロリ除菌においては、従来の「三剤併用療法」が不成功だった場合にのみ限られています。

また、メトロニダゾールは、無酸素状態で増殖する嫌気性菌と呼ばれる細菌による様々な感染症にも効果があります。 嫌気性菌は、皮膚、口内、腸管、膣内等に存在し、腫瘍を形成したり、膿や組織懐死伴う感染症の原因となります。 主な嫌気性菌感染症としては、破傷風・ガス壊疽・ボツリヌス症・歯周病などがあげられます。

メトロジール(メトロニダゾール)400mg

チニダゾール500mg


チニダゾール500mg


チニダゾール500mgはインドの大手製薬会社ザイダス・ヘルスケア社から販売されている抗原虫・抗菌薬で、主に抗トリコモナス薬として世界中で多くの使用されています。
古くからある薬ですが、現在でもトリコモナス症治療において多く選ばれる大人気の特効薬です。

トリコモナスとは原虫という単細胞生物の一種で、トリコモナスに感染すると様々な身体症状が現れます。
トリコモナス感染症の中で最も多く見られるのは膣・膀胱・尿道・前立腺にトリコモナスが寄生する性感染症です。
男性と女性で特徴が異なるので、以下にまとめてあります。

女性のトリコモナス感染症
膣炎のような症状が現れるため、トリコモナス膣炎と呼ばれます。
トリコモナス膣炎の主な症状は以下のような症状です。

悪臭を伴う泡状の黄色いおりものの増加
外陰・膣の刺激感
排尿時の不快感
強い痒み
膣壁発赤(膣の炎症)

男性のトリコモナス感染症
尿道・陰茎包皮・前立腺・精巣などにトリコモナスは寄生しますが、自覚症状はほとんどありません。排尿時にトリコモナスが排出されることもあります。
尿道の分泌物や炎症が非感染者に比べると多く、尿道炎のような症状が現れます。

チニダゾールはトリコモナス原虫を死滅させてトリコモナス感染症を完治させることが可能です。
また、トリコモナス感染症だけでなく嫌気性菌などの細菌性による腟炎などの炎症にも有効だと言われています。

トリコモナスの感染ルートは主に性行為で、オーラルセックスでも十分感染します。
また、同居家族間でタオルや便器などからの接触感染も稀に報告されています。
トリコモナスの潜伏期間は個人差がありますがおよそ3日~2週間です。
トリコモナスは性行為による感染力が強いため、自覚症状がなくてもパートナーが感染していれば両者とも同時に治療する必要があります。


チニダゾールは感染源の微生物の中で還元されてニトロソ化合物に変化し、強力な抗原虫・抗菌作用を発揮します。
また、この還元反応の途中でフリーラジカル(細胞を損傷させる活性酸素)が生成され、微生物のDNAの二重鎖を切断して機能障害を起こさせ微生物の分裂増殖を抑制します。
チニダゾールは殺虫的に作用するため根治治療が可能です。

チニダゾールは一般的な抗生物質とは全く異なる作用機序で原虫や細菌を駆除します。
国内にはトリコモナス以外の適応はありませんが、赤痢アメーバ・ディフィシル菌による感染性腸炎・ランブル鞭毛虫(ジアルジア)・毛包虫(ニキビダニ)・胃腸疾患の原因菌であるヘリコバクターピロリ菌などにも有効だと言われています。

トリコモナスを治療せずに放置すると女性は卵管まで侵食され不妊症になる恐れがあります。男性は自覚症状が少ないために潜在感染者としてトリコモナスを周囲にばらまいてしまう恐れがあります。そのため早急な治療が必須です。
どちらかにでも感染が判明したら、パートナーと共にすぐに治療開始して下さい。

チニダゾール500mg

ベセルナクリーム(アルダラ5%)12袋


ベセルナクリーム(アルダラ5%)12袋


アルダラクリームは、尖圭コンジローマおよび日光角化症の治療薬です。海外では表在性基底細胞癌の治療でも使用されるクリームです。その優れた効果より、海外の主要国を含む76の国と地域で承認されています。日本でもアルダラクリームは承認されており、持田製薬社によってベセルナクリーム5%という商品名で製造・販売されています。

アルダラクリームは、有効成分としてイミキモドを5%配合しています。一般的な使用方法として、1日1回寝る前に週3回使用することで尖圭コンジローマや日光角化症を治療します。尖圭コンジローマとは、性器や肛門の周辺にイボができる病気です。今までの医療現場では、尖圭コンジローマは外科的処置による除去を行うだけで治療をする医薬品は存在しませんでしたが、このアルダラクリームが発売されたことで簡単に治療ができるようになりました。日光角化症とは、日光を浴び続けてきたことにより発症する病気です。

見た目はシミのように見えますが、放っておくと有棘細胞癌という皮膚癌の早期の病変とも考えられており、速やかに治療する必要があります。有効成分のイミキモドは、尖圭コンジローマの原因となるウィルスの増殖を抑制することにより治療効果をあらわします。日光角化症では、自然免疫および細胞の免疫力を上昇させ、細胞の生まれ変わりを促進することと考えられています。アルダラクリームを使用する際の注意点として、塗布部位およびその周辺に重度の紅斑、びらん、潰瘍、表皮剥離等があらわれることがあるので、過量にアルダラクリームを塗布しないように注意がされています。

また、塗布部位を絆創膏やテープ等で密封するとさらに皮膚障害が発生するリスクが上昇するので注意してください。局所における重度の炎症反応に先行あるいは並行し、悪寒、発熱、筋肉痛等を呈するインフルエンザの様な症状があらわれることがあります。このようなインフルエンザの様な症状があらわれた場合には使用の中止を含め、医師に相談するようにしてください。

ベセルナクリーム(アルダラ5%)12袋

ベセルナクリームジェネリック5%(イミクアッド)3袋


ベセルナクリームジェネリック5%(イミクアッド)3袋


イミクアッドは、日本では持田製薬から製造・販売されている尖圭コンジローマ治療薬ベセルナクリーム5%のジェネリック医薬品の塗り薬です。有効成分としてイミキモドを5%配合し、1日1回週3日使用することで性行為感染症として有名な尖圭コンジローマだけでなく、皮膚癌などの原因にもなりうる日光や紫外線によるシミ(日光角化症)の症状を治療します。

尖圭コンジローマとは、性器や肛門周囲に疣贅(イボ)ができる疾患のことです。疣贅(イボ)の大きさは1~3mm程度です。尖圭コンジローマの原因は、性行為やそれに類似する行為によってヒトパピローマウィルス6あるいは11というウィルスに感染することで起こります。場合によっては、性行為だけでなくサウナや公衆浴場等の場所でもウィルスに感染することがあります。

ウィルスに感染してすぐに症状が発現するわけではなく、3~32週間の潜伏期間を経てから疣贅(イボ)などの症状があらわれます。そのため、自分がいつウィルスに感染したのかが非常にわかりにくいのが尖圭コンジローマの特徴です。尖圭コンジローマは男性よりも女性に多く、とくに若い方に多いのも特徴の1つです。ヒトパピローマウィルスは子宮頸癌の原因にもなりますので、女性の方は速やかな治療が必要です。

有効成分のイミキモドは、インターフェロンα製剤といわれるお薬です。使用することで体内の免疫機能に影響を与え治療効果をあらわします。イミクアッドの有効成分イミキモドは、患部に使用することでインターフェロンαの産生を促進し、ウィルスの増殖を抑えます。それだけでなく、各種免疫細胞を活性化させウィルスに感染した細胞を攻撃するという作用でもウィルスの増殖を抑制します。

日光角化症は、日光を慢性的に浴びて、紫外線刺激を皮膚が受けることで誘発される疾患です。日光に当たりやすい顔面、耳介、前腕、手背部の皮膚で起こりやすいのが特徴です。主な症状として、1~2cmほどの大きさでカサカサとした紅く斑状のシミが現れることが多いです。 そのまま症状を放置すると皮膚癌の原因になることもあるので、速やかに日光角化症を治療する必要があります。

日光角化症は、慢性的な紫外線刺激により皮膚細胞のDNAがダメージを受けていることが多く、免疫機能が低下している状態にあります。有効成分イミキモドの日光角化症への治療メカニズムは完全には明らかになっていないのですが、この免疫機能の低下を改善することで治療効果をあらわしていると考えられています。

ベセルナクリームジェネリック5%(イミクアッド)3袋

ラミシールクリーム


ラミシールクリーム


ラミシールクリームは、あらゆる部位の水虫(爪の水虫、足裏の水虫)治療に特効薬的効果をもたらす真菌症治療クリームです。

水虫は、白癬菌(皮膚糸状菌)というカビの一種が人体に感染することで発症する身近な真菌症です。ラミシールクリームの成分テルビナフィンは、様々な真菌の細胞膜を破壊し、特効薬的な殺菌作用を発揮します。ラミシールは、カンジタ症やいんきんタムシにも絶大な効果を発揮します。

ラミシールクリーム

ラミシール・スプレー(テルビナフィン)1%


ラミシール・スプレー(テルビナフィン)1%


ラミシールスプレーは、日本を含め世界中で使用されている抗真菌外用薬です。
主に水虫の治療に使用されますが、多くの真菌に対して強力な抗真菌作用を発揮するため水虫以外の皮膚真菌症にも有効です。

真菌はカビの一種です。多くの方がかかり誰もが聞いたことのある皮膚疾患「水虫」も、白癬菌という真菌が皮膚に寄生することで発症する皮膚真菌症です。足に感染するものを水虫すなわち足白癬と呼びますが、足以外にも爪に感染する爪白癬、身体に感染する体部白癬(たむし)などがあります。

皮膚真菌症の多くは白癬菌によるものですが、その他にもカンジダや癜風菌が挙げられます。
カンジダは元々体内に存在する常在菌で、疲労・病気などの要因によって免疫力が低下したときに活性化してカンジダ症を発症します。発疹、鱗屑(うろこ状のくず)、かゆみ、腫れなどが主な症状です。感染部位により、カンジダ性間擦疹(股部・腋窩・乳房下など)・カンジダ性指間びらん症・カンジダ性爪周囲炎・陰部カンジダ症などに分類されます。
癜風は水虫と同様に高温・多湿を好む真菌で、「マラセチア」とも呼ばれています。症状として体・腕・首などに淡い茶色の斑点が現れるのが特徴です。

ラミシールスプレーの適応症は以下のようになっております。

白癬菌による足白癬(水虫)、体部白癬(タムシ)、股部白癬(いんきんたむし)
カンジダ菌による皮膚カンジダ症
癜風菌(マラセチア)による癜風
患部に噴霧するだけのスプレータイプなので患部に直接手を触れず清潔に治療できます。また、広い範囲に使用しやすい・携帯に便利などたくさんのメリットがあります。

ラミシールスプレーの有効成分テルビナフィンはアリルアミン系と呼ばれる抗真菌薬です。
強い抗真菌活性と幅広い抗真菌スペクトルを兼ね備えていることが特徴で、様々な真菌を強力に抑制します。

ラミシールスプレーの有効成分テルビナフィンは、真菌細胞特有の細胞膜の成分であるエルゴステロールの生合成を阻害することによって真菌の発育を抑制・阻止して死滅させます。
テルビナフィンは細胞自体に働きかける薬ですが、人間の細胞にはエルゴステロールがないため影響せず安全です。

ラミシール・スプレー(テルビナフィン)1%

ラミシール・スプレー(テルビナフィン)1%


ラミシール・スプレー(テルビナフィン)1%


ラミシールスプレーは、日本を含め世界中で使用されている抗真菌外用薬です。
主に水虫の治療に使用されますが、多くの真菌に対して強力な抗真菌作用を発揮するため水虫以外の皮膚真菌症にも有効です。

真菌はカビの一種です。多くの方がかかり誰もが聞いたことのある皮膚疾患「水虫」も、白癬菌という真菌が皮膚に寄生することで発症する皮膚真菌症です。足に感染するものを水虫すなわち足白癬と呼びますが、足以外にも爪に感染する爪白癬、身体に感染する体部白癬(たむし)などがあります。

皮膚真菌症の多くは白癬菌によるものですが、その他にもカンジダや癜風菌が挙げられます。
カンジダは元々体内に存在する常在菌で、疲労・病気などの要因によって免疫力が低下したときに活性化してカンジダ症を発症します。発疹、鱗屑(うろこ状のくず)、かゆみ、腫れなどが主な症状です。感染部位により、カンジダ性間擦疹(股部・腋窩・乳房下など)・カンジダ性指間びらん症・カンジダ性爪周囲炎・陰部カンジダ症などに分類されます。
癜風は水虫と同様に高温・多湿を好む真菌で、「マラセチア」とも呼ばれています。症状として体・腕・首などに淡い茶色の斑点が現れるのが特徴です。

ラミシールスプレーの適応症は以下のようになっております。

白癬菌による足白癬(水虫)、体部白癬(タムシ)、股部白癬(いんきんたむし)
カンジダ菌による皮膚カンジダ症
癜風菌(マラセチア)による癜風
患部に噴霧するだけのスプレータイプなので患部に直接手を触れず清潔に治療できます。また、広い範囲に使用しやすい・携帯に便利などたくさんのメリットがあります。

ラミシールスプレーの有効成分テルビナフィンはアリルアミン系と呼ばれる抗真菌薬です。
強い抗真菌活性と幅広い抗真菌スペクトルを兼ね備えていることが特徴で、様々な真菌を強力に抑制します。

ラミシールスプレーの有効成分テルビナフィンは、真菌細胞特有の細胞膜の成分であるエルゴステロールの生合成を阻害することによって真菌の発育を抑制・阻止して死滅させます。
テルビナフィンは細胞自体に働きかける薬ですが、人間の細胞にはエルゴステロールがないため影響せず安全です。

ラミシール・スプレー(テルビナフィン)1%
最新記事
カテゴリ
検索フォーム