FC2ブログ

プラスドック(プラスグレル)10mg


プラスドック(プラスグレル)10mg

プラスドック(プラスグレル)10mg


プラスドックは、動脈硬化などによって起こる血小板血栓の生成を防止し、脳梗塞などの血栓症の予防に効果を発揮します。有効成分プラスグレル塩酸塩が、血液の凝固に関するADP受容体の作用を阻害します。これによって、cAMPという血小板凝集(血液が固まる)を抑制する物質の働きが強くなります。その結果、血液がサラサラになり、血栓が作られにくくなります。

特に、動脈が固くなってしまう「動脈硬化」を発症すると、脂質が血管壁に沈着し、プラークが作られます。プラークが形成されると、その部分が傷つきやすくなるために出血しやすくなり、血栓の生成に繋がってしまいます。動脈硬化という言葉から分かる通り、この症状は主に動脈で起こります。血小板血栓は、血液の流れが速い動脈で生成されやすい血栓であるため、動脈硬化を発症している人は特に注意が必要となります。

血栓:出血した時、血が固まることで、ようやく傷の修復などを行うことができるようになります。しかし、血の塊が血管内で作られてしまうと、この塊が血管を詰まらせてしまうことがあります。血管内に作られる血の塊を血栓と呼び、血栓の生成が脳の血管を詰まらせると脳梗塞などを引き起こすようになります。

抗血小板薬の意義:出血時には、血小板の働きにより、血液が固まります。しかし、血液中で血小板が固まってしまうと、血栓が作られてしまいます。これを血小板血栓と呼びます。血栓による病気を防ぐためには、血小板が固まる過程を防ぐことで、血小板血栓の生成を抑えなければいけません。

プラスドック(プラスグレル)10mg

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
検索フォーム