FC2ブログ

アロプリノール100mg


アロプリノール100mg


アロプリノール100mgは、尿酸値が高いことにより発生する耐え難い痛み(痛風発作)を予防するためのお薬です。

血液中の尿酸値が高い疾患のことを「高尿酸血症」といいます。

高尿酸血症と診断されるための尿酸値の目安は7.0mg/dLを超える場合です。

痛風(急性関節炎)は、そのような尿酸値が高い状態になると起こります。

血中尿酸値が高いことにより関節中で尿酸が結晶化し、その尿酸結晶がたまることで耐え難い痛みをあらわすのです。

「風があたるだけでも痛い」といわれる痛風。

最初に経験する痛風発作は、尿酸の結晶が沈着しやすい足の親指に頻発します。

夜間に突然発症することが多く、激しい痛みと腫れが2~3日続きます。

ちなみに、98~99%の患者は男性です。

痛風を放置すると、関節が変形したり、腎臓など内臓にも悪い影響がでたりするので速やかに治療する必要があります。

アロプリノール100mgは尿酸降下薬といわれています。

アロプリノールは、古くから痛風や高尿酸血症の治療に広く用いられています。

服用すること尿酸の生合成をおさえ、体内の尿酸を減らすことができます。

尿から排出される尿酸が減少するので、尿酸結石を合併している人に特におススメです。

アロプリノール100mg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

KEYWORDS:
最新記事
カテゴリ
検索フォーム